あたわり

きっと色々な事には、あたわり、があるのだと思う 全国には、私達のようなボランティア活動をしている方が、たくさんいると思います。

だけど、私達のようなボランティアの人間にさえ、出会う事が出来ず命の炎を消していく子がいる。

だから、出会う事に意味があり、あたわりがあり、きっと命に縁がある その命には、運命の人がいて、その人と出会う為に私達がいる場合もあれば、ボランティアしている本人と運命の出会いだった、と、言う場合も、あるだろう。

写真の犬は、アスランと言い今は虹のはしに行ったけど アスランは、某保健所に飼い主持ち込みで収容された犬。 飼い主の子供を噛んだのが理由らしい 出会った時、彼の体重は9キロくらいしかなく 骨と皮だった。 BCRNの保護犬として、北岡が預かり半年の入院で、14キロに。彼は、病気だった 膵外分泌質不全 膵臓から、消化酵素が出ない病気 入院中、アスランと話した 退院したら、北岡アスランになる?と。 そして、ボランティアを始め、初めて里親になった犬です 。我が家の子になり 何回か戦い(噛むから)はありましたが、気がついたらなんでも、どこでも触れる子になってました 。共に暮らし7年と、ちょっと ガリガリの体は、23キロまでになり、病と戦いながらも 素晴らしい時間をくれました。

噛む事 本当の意味で直るには、時間が必要なんだと体感しました アスランみたいに 家庭でまた、暮らせるようにトレーニングにも、力を入れていきたいです。

それが多分、あたわり、なんだと思います

前の記事

取材

次の記事

朝日新聞デジタル