ここにいる保護犬の事そして決意

この施設に今は2頭の保護犬がいる。1匹目は名前は「クロ」無責任なボランティアだと名乗るおばさんがこの施設に置き去りにしていった子。もうかなり高齢で引き取り手もおらず、ずっとここに。これまではこの施設で暮らしていたおじいさんがご飯を上げてくれていたが、そのおじいさんは亡くなってしまった。

もう1匹は「チップ」精神疾患もちで、獣医にも精神疾患専門医にも診察してもらいましたが、治る見込みはない。何がきっかけで症状がでるか私もまだつかみ切れてない。当然一般家庭に引き取ってもらえるはずもない。

こんな問題ありの子たちも天命を全うするまでできる限り犬らしく過ごせることができないだろうか。シェルターがあれば、1匹でも多くのこの子たちのような子を受け入れすることができないだろうか、そう考えてクラウドファンディングで施設を直すことを考え行動にでる。。

次の記事

日々草刈り